方角と地図

地形図を初めて使用する人は、見慣れたロードマップとは違いカラフルじゃないし、細かくて、ちょっと見にくいなーという感じがあるかもしれません。でも慣れると、その土地の様子を手に取るよう知ることができます。

地形図は情報の宝庫です。

地形図を見る時に、一番大切な事は縮尺をしっかりと理解することです。

2万5千分の1の地形図ならば、実際だと25mの距離が、地図上だと1ミリメートルで表示されます。逆に地図上で1pの距離なら、実際は250mの距離があると言うことです。

5万分の1の地形図ならば、、実際は50mの距離のものが、地図上だと1ミリメートルになります。地図上で1pの場合には実際は500メートルということです。

また高さを表す等高線は2万5千分の1の地形図で10mおきに細い線で、50m毎に太い線で表示されます。

そして等高線は高さだけじゃなく地形も読みとる事ができます。等高線と等高線の間隔が広いと傾斜が緩やかで、逆に等高線と等高線の間隔が狭いと、傾斜がきつく険しい地形ということになります。

これを知っておけば、ちょっとした野山の散策の時などにも、道の傾斜がきついかどうかを、簡単に調べることが出来ます。

コンパスの使い方

地図とコンパスで自分の今いる地点を確認するためには、まず遠くまで見渡せる見晴らしがいい場所出なければいけません。見晴らしが良くなければ、まわりの地形を見ることが出来ずに目標物を確認することができません。

次は地図とコンパスで、方位を合わせます。でもここで1つポイントがあります。

コンパスが指し示す北は「磁北」と呼ばれ、実際の地図の北よりも5〜10度西に少しだけ“ズレ”ています。このズレも考えながら、地図を実際の北に合わせなければなりません。

地図を正しく北に合わせたら、高い山など周りに見えるものを目標にして、その方向と地図を合わせて地図に線を引きます。同じようにして、もう1つ目標を決めてから、線を引きます。そして引いた線と線の交わる所が、現在自分のいる位置ということになります。

現在地さえわかってしまえば、近くを通る山道や道路を探して、そこに向かってひたすら進めばいいだけです。そしてここでも注意しておきたいのは、人間まっすぐ歩いているつもりでも少しずつ曲がっている時があります。途中で迷ってしまわないように、地図とコンパスで位置確認しながら進んでいきましょう。

自然を読む

自然の中で方角を知りましょう。そして周りをよく見てみましょう。この方法は、大まかな方位を探す方法ですが、知っておくと役に立ちます。

・木の切り株で、木の年輪の幅が広い方が「南」の方角。 狭い方が「北」。

・木の枝振りで、木の周囲を回ってみて、枝振りの少ない方が「北」の方角。

・葉の向きで、葉が大きく成長して、多くの葉の向いている方向が「南」の方角。

・木や石の下のコケで、コケの多くついている方が「北」の方角。 また岩の上のコケも北側に生えます。

・星で、北極星の位置をみて北を確認する。

・腕時計で、時計を水平に置いて、短針を太陽に向ける、すると12時の目盛りと短針の目盛りのちょうど中間が「南」の方角。

縫い針でコンパスをつくる

縫い針があるのなら、縫い針をハンカチ等の布で同じ方向に向かって約50回程こすります。そうすると、針に静電気が起きて磁気をおびます。

縫い針が入るくらいの容器に水を入れて、縫い針を薄い紙切れや葉っぱの上に乗せて、水の上にに浮かべます。すると水の上の針が動いて南か北を示します。木や星など上に書いた方法で大まかに北か南の方角を調べておけば、針先か針穴どちらが北か南かがわかります。

その他にも縫い針は糸で吊しても方位を示します。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/1/25

ページTOPへ↑